ライスフォースの効果的な使い方ポイント

投稿者: |

ライスフォースの効果をより引き出しやすく、実感するには使い方がポイントです。

 

使い方ポイント①

ライスフォース使い方

 

1つ目のポイントは「クレンジングできちんとメイクを落とすこと」です。

 

ライスフォースの有効成分を肌に届けるには肌にメイクや汚れが残っている状態では上手く届けることができません。

 

クレンジング剤を使ってクルクルと円を描きながらメイクと馴染ませて、ぬるま湯で最低でも20回はすすいでメイクや汚れを落とすことです。

 

使い方ポイント②

ライスフォース使い方

 

2つ目のポイントは「洗顔で汗やホコリを落とすこと」です。

 

クレンジングはメイクを落とすためのもので、全ての汚れを落とせるものではありません。

 

クレンジングの後、泡立てネットを使って洗顔フォームをしっかり泡立て、きめ細かい泡を作り、肌に乗せ直接擦らないように泡で優しく洗って、ぬるま湯で最低20回すすぎ、クレンジングで落とせなかった汗やホコリなどを落として、顔に余分な汚れが無いクリアな状態にしてからライスフォースを使います。

 

使い方ポイント③

ライスフォース使い方

3つ目のポイントは「使う順番を守ること」です。

 

水分量の多いアイテムから使っていき、油分の多いアイテムは最後に使うのがポイントです。

クレンジングや洗顔した後の肌は水分が蒸発してより乾燥が進みやすい状態になっており、乾燥が進むと肌にライスフォースのアイテムが馴染まず効果が半減してしまうので、洗顔後すぐに化粧水を使い保湿成分を補い、その後のライスフォースアイテムを浸透しやすくします。

 

化粧水が馴染んだら美容液で肌トラブルが気になるところを集中ケアし、乳液とクリームで有効成分が肌から逃げないようにフタをします。

 

使い方ポイント④

ライスフォース使い方

 

4つ目のポイントは「化粧水や乳液を塗る前に手のひらに乗せて温めてから使うこと」です。

 

化粧水や乳液、クリームをそのまま肌に乗せると温度が低く肌に上手く馴染みません。

肌に有効成分を上手く馴染ませるために手の平に乗せて温めてから肌に乗せ、乗せてからハンドプレスをして肌の奥まで浸透するのをイメージしてケアすることで、ライスフォースのアイテムが肌に馴染み、肌の奥まで有効成分を届きやすくします。

 

ライスフォースの化粧水や乳液、クリームをただ肌に乗せるのではなく、乗せる前に顔のメイクや余分な汚れをクレンジングと洗顔を行い、洗顔後の水分蒸発をストップさせるためにすぐに化粧水を肌に塗り、美容液、乳液やクリームの順番でケアを行います。

 

水分の多い化粧水を先に使って水分を補い、美容液で部分ケアをし、最後に乳液やクリームで補った水分が逃げないようにフタをしてあげることがライスフォースの効果を引き出しやすくする使い方となります。